栄養豊富な健康飲料|田七人参が健康のお守りになる|笑顔で生きたいなら

田七人参が健康のお守りになる|笑顔で生きたいなら

一家

栄養豊富な健康飲料

夫婦

1年中楽しめる

青汁といえば手軽に利用できる健康飲料としておなじみですが、その種類はさまざまで、使われている野菜によって含まれる栄養分も若干異なります。そんな青汁の原料の中でも最もよく知られており、青汁の代名詞とも言えるのがケールです。ケールは南ヨーロッパを原産地とするアブラナ科の植物で、キャベツの原型に当たると言われています。欧米では現在も通常の食用野菜として広く利用されており、キャベツと同じようにサラダやロールキャベツなどの料理に使われています。一方、日本ではもっぱら青汁の原料として高い人気を有しています。これには2つ理由があります。1つは、年間を通じて収穫できるため供給が安定していることです。そしてもう1つは、健康食品として理想的といえるほど栄養分が豊富だということです。

ビタミンやミネラルの宝庫

ケールにはさまざまな栄養素が含まれていますが、特にビタミンは数ある緑黄色野菜の中でも最も豊富だと言われています。ビタミンC・ビタミンEをはじめ、身体の中に入るとビタミンAに変換されるベータカロテンなどを含むほか、同じくカロテノイド系の成分で目の健康に良いとされているルテインも豊富です。その他、牛乳の2倍という含有量を誇るカルシウムをはじめとするミネラル類、葉緑素・食物繊維・タンパク質などが含まれており、非常に高い栄養価を誇っています。ケール青の汁には独特の青臭さがあり、初めて口にする人には苦く感じられる場合があるので注意が必要です。ただし最近では加工技術が発達し、ほとんどクセのないタイプの製品も出回っています。