基礎代謝を高める|田七人参が健康のお守りになる|笑顔で生きたいなら

田七人参が健康のお守りになる|笑顔で生きたいなら

一家

基礎代謝を高める

ウーマン

ミトコンドリアが元気に

ミトコンドリアには、食事で摂取した糖分や脂肪分を酵素で分解して、ATPという高分子エネルギーを生み出す役割があります。この時、活性酸素で細胞にあるミトコンドリアが弱っていると、ATPを作り出すときに多くの活性酸素を発生させてしまいます。ミトコンドリアを元気にして、基礎代謝を維持するには、活性酸素を無害化させることが急務なのですが、この時に役に立つのが水素水です。活性酸素から体を守り、ミトコンドリアのATPを作る量を増加してくれます。水素は地球上で最小の分子ですから、水素水を通して体に入り込むと身体によくなじみます。毎日水素水を飲むことで基礎代謝を高め、お腹にびっしりとついた皮下脂肪も燃えていきます。

ppmという数値

ATPの生成量を増やすときに水素水を飲む場合、確認しておきたいのがppmという数値と水素水が入っている容器です。ppmとは水素の濃度を意味していて、この数値が一定以上ではないと意味があまりありません。しかし、単純に高ければ高いほど健康にいい水素水ではないのです。基礎代謝を高めるために飲みたいなら、0.8から1.0ppmはあるのが望ましいとされています。水素水の容器も重要です。なぜなら、水素はとても小さいので容器によってはすぐに大気中に逃げ出してしまうからです。製造時と変わらない含有量の水素水を買うなら、4層式のアルミパウチが最適です。ペットボトルだと、水素がすぐに抜けていくので注意するといいでしょう。